音楽ビデオの紹介 No.227

 こんにちは、Lookers-inです。今日は、ローリングストーン誌の選ぶ”100 Greatest Singers of All Time”(2008年版)の8位,Otis Redding(オーティス・レディング)の紹介です。生まれが1941年、1967年に飛行機事故で亡くなられています。私が知る曲は、『(Sittin' on) The Dock of the Bay』くらいなので、是非他の曲も聴いてみたいですね。それではキートラックを聴いてみる事にしましょう。
 まず最初の曲は、『(Sittin' on) The Dock of the Bay』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=rTVjnBo96Ug

先ずは、この曲ですよね。この曲を含め、オーティス・レディングのレコーディングには、ブッカーT & MG'Sが関わっていた事をWikipediaの記事を読んで、初めて知りました。この曲は、彼が飛行機事故で亡くなる3日前に録音された曲で、翌年のビルボード週間1位になったのだそうです。そういう意味でも伝説的な取り扱いを受ける事が多いのでしょうね。
 当然の事ながら、オーティス・レディングのライブバージョンは、存在しません。多くのカバーがYouTubeに登録されているのですが、ジャスティン・ティンバーレイクという人がホワイトハウスで歌ったカバーを紹介します。

  https://www.youtube.com/watch?v=tIx6_Z5v88k

ブッカーT & MG'Sのギター、スティーブ・クロッパーが渋いギターを聴かせているので、このバージョンを紹介してみました。
 2曲目は、『These Arms Of Mine』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=jqVrNK4uiB4

いわゆるバラードですね。何処かで聴いた感じのする曲です。多分この曲をオマージュ的に取り扱った曲が幾つかあるのではないでしょうか。
 この曲は、パリでのライブバージョンを見つけたので紹介します。

  https://www.youtube.com/watch?v=7RzpnL9yUeg

ライブのオーティス・レディングの歌を聴くのは、これが初めてかもしれません。いい感じですね。こんなライブパフォーマンスも彼を伝説にしている要因なのでしょう。これ、バックはブッカーT & MG'Sなのでしょうかね。渋いですね。
 3曲目は、『Try a Little Tenderness』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=UnPMoAb4y8U

このビデオは、視聴回数が1千万回を上回っていました。彼の根強い人気を表しているように見えます。
 この曲は、1967年のモンタレーでのライブバージョンを紹介します。

  https://www.youtube.com/watch?v=dwxhf4UXLvM

これは、多分何かのドキュメンタリー映画からカットされたものではないでしょうか。徹夜のイベントである事を匂わせる映像(寝ていたり、目の下にクマをつくっている人が映されています。)です。エンドロールを見るとこれもバックは、ブッカーT & MG'Sのようです。

 以下のボタンのいずれかをクリックすれば、同じ趣味をお持ちの方のブログも検索できます。
宜しければ、覗いて見て下さい。
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へ
にほんブログ村

この記事へのコメント