音楽ビデオの紹介 No.220

 こんにちは、Lookers-inです。今日は、ローリングストーン誌の選ぶ”100 Greatest Singers of All Time”(2008年版)の15位,Robert Plant(ロバート・プラント)の紹介です。レッド・ツェッペリンのボーカルです。ミック・ジャガーより上のランクですか、そうですか。まぁ、全米レコード協会認定のアルバム1億枚以上売ったグループの1つ(5グループだけ、他はビートルズ、エルビス・プレスリー、ガース・ブルックス、イーグルス)ですからね。それでは、キートラックを聴いて見る事にしましょう。
 まず最初の曲は、『Dazed and Confused』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=ehwSEVbBZl4

レッド・ツェッペリンのデビューアルバム『Led Zeppelin』に収録されている曲ですが、私は今回初めて聴かせてもらいました。ハードロックバンドの名をほしいままにしたレッド・ツェッペリンらしい曲ですね。30分近いビデオ映像もありましたが、さすがに紹介するのをためらってしまいました(笑)。興味をお持ちの方は、探して聴いて下さい。
 2曲目は、『Immigrant Song』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=D42Ylk2yyu4

まだ、私が中学生の頃だったと思います。この曲を聴いてレッド・ツェッペリンというハードロックバンドの存在を知りました。でも当時は、イギリスの3大ギタリストの一人、ジミー・ペイジのいるバンドという認識が強かったですね。1971年武道館ライブの時のビデオ(音声だけですが)があったのでそれを紹介しました。
 3曲目は、『Sea of Love』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=sd8WUJ9uT3o

これは、レッド・ツェッペリン解散後、ハニー・ドリッパーズというバンド時代の曲のようです。ロバート・プラントがイメチェンしたかったのでしょうか。全く、レッド・ツェッペリンの頃の歌と違いますね。これは、フィル・フィリップスという人のカバーのようです。
 オマケは、やはり『Stairway To Heaven』ですね。

  https://www.youtube.com/watch?v=uBGbVK2PhvI

この曲も1971年の武道館ライブの物を見つけましたので、それを紹介しました。2曲目に紹介した『Immigrant Song』もですが、ジョン・ボーナムのドラム、凄いですね。
 もう1つオマケにハート(アン、ナンシー・ウィルソン)の歌う感動的な『Stairway To Heaven』を紹介します。

  https://www.youtube.com/watch?v=2u-PjvRyr0I

2012年、Kennedy Center Honorsでレッド・ツェッペリンを前に歌われたものです。とにかくステージ後方の衝立が上がり、合唱団が歌い出した時の感動的な場面を堪能して下さい。ロバート・プラントも涙ぐんでいます。

 以下のボタンのいずれかをクリックすれば、同じ趣味をお持ちの方のブログも検索できます。
宜しければ、覗いて見て下さい。
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へ
にほんブログ村

この記事へのコメント