音楽ビデオの紹介 No.212

 こんばんは、Lookers-inです。今日は、ローリングストーン誌の選ぶ”100 Greatest Singers of All Time”(2008年版)の23位,David Bowie(デヴィッド・ボウイ)の紹介です。名前はよく知っていますし、いくつかの曲は聴いた事があります。でも、じっくり聴いた事はありません。よい機会ですから、キートラックをじっくり聴いて見る事にします。ご存じのように昨年、69歳で亡くなられています。
 まず最初の曲は、『Life on Mars?』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=v--IqqusnNQ

1971年の曲です。いわゆるグラムロックと呼ばれた時代の曲でしょうか。私が高校生の時ですから、深夜に聴いたことのある曲のはずですが、全く記憶にありません。
 2曲目は、『Fame』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=J-_30HA7rec

この曲はよく聴いていました。Wikipediaの解説を読むとこの曲、ジョン・レノンとの共作とありますが、本当ですかね。でもそうらしい曲調ではありますが。
 3曲目は、『Space Oddity』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=iYYRH4apXDo

この曲もどことなくジョン・レノンが作っていて、歌っているような感じのする曲ですね。
 最後の曲は『Heroes』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=bsYp9q3QNaQ

2002年のベルリンにおけるライブの時のテイクをチョイスしてみました。正に、デヴィッド・ボウイが”ヒーロー”と呼ばれてもおかしくないビデオですね。
 これらの曲を聴き、Wikipediaの解説を読むと、彼もまた、多くのシンガーと同様に様々な音楽を模索していたように感じました。

 以下のボタンのいずれかをクリックすれば、同じ趣味をお持ちの方のブログも検索できます。
宜しければ、覗いて見て下さい。
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へ
にほんブログ村

この記事へのコメント