音楽ビデオの紹介 No.206

 こんばんは、Lookers-inです。今日は、ローリングストーン誌の選ぶ”100 Greatest Singers of All Time”(2008年版)の29位,Nina Simone(ニーナ・シモン)の紹介です。黒人女性ジャズシンガーです。1933年生まれ、2003年、70歳で亡くなられています。私は、彼女が歌ったスタンダードナンバーは、何曲か聴いた事はありますが、代表曲となると知りません。ここで聴いてみたいと思います。それでは、キートラックを聴いてみる事にしましょう。
 まず最初の曲は、『Mississippi Goddam』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=QHKHHj82EoE

聴いていて、あまりジャズという感じはしません。何か、ミュージカルの1場面に出てきそうな歌にきこえますね。
 2曲目は、『Four Women』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=WRmzQ39sXTQ

この曲を聴いて、ジョージ・ガーシュインの『Summertime』を思い起こしました。ジャズというよりは、ジャズ(私のイメージするジャズ)に近いポップスと思うのですが。
 3曲目は、『I Wish Knew How It Would Feel to Be Free』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=-sEP0-8VAow

この曲は、私のイメージするジャズ的な曲ですね。キートラックに挙がっていたのは以上3曲でした。
 それで、上に挙げた『Summertime』をニーナ・シモンが歌っているビデオを見つけましたので紹介しておきます。

  https://www.youtube.com/watch?v=jM_Nb6dpnys

これは、完全なジャズですね。ピアノ、ドラム、ベースの奏でるサウンド、歌の崩し方が。ピアノは、ニーナ・シモンが弾いているのでしょうか、素晴らしいですね。

 以下のボタンのいずれかをクリックすれば、同じ趣味をお持ちの方のブログも検索できます。
宜しければ、覗いて見て下さい。
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へ
にほんブログ村

この記事へのコメント