音楽ビデオの紹介 No.172

 こんばんは、Lookers-inです。今日は、ローリングストーン誌の選ぶ”100 Greatest Singers of All Time”(2008年版)の63位のDion(ディオン)の紹介です。私この人知りませんでした。私より1回り以上年上の人です。とにかく、キートラックを聴いて見ることにしましょう。
 まず最初の曲は、『Teenager in Love』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=0kw6w9CPTjw

50年代後半のポップスとの事です。懐かしい曲調ですね。私などは、小学生の頃の歌番組”シャボン玉ホリデー”を思い出してしまいました。
 2曲目は、『The Wanderer』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=wsVqjNTbUGg

典型的なブルース形式の歌ですね。
 3曲目は、『Runaround Sue』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=ID-jsd0HGZs

50年代、60年代はコード進行とかメロディーのパターンが似通った曲が多いですね。余り著作権などが取り沙汰される時代ではなかったのでしょう。それに比べると現在は・・・。
 4曲目は、『Abraham, Martin and John』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=a5hFMy4pTrs

この曲は、上の3曲とは全く趣が異なります。Abrahamはリンカーン大統領、Martinはルーサー・キング牧師、Johnは、ケネディ大統領のことのようです。何を歌っているのか、歌詞を訳してみないと判りませんが、何らかのメッセージを込めた歌のようですね。

 以下のボタンのいずれかをクリックすれば、同じ趣味をお持ちの方のブログも検索できます。
宜しければ、覗いて見て下さい。
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へ
にほんブログ村

この記事へのコメント