音楽ビデオの紹介 No.170

 こんばんは、Lookers-inです。今日は、ローリングストーン誌の選ぶ”100 Greatest Singers of All Time”(2008年版)の65位のDavid Ruffin(デビッド・ラフィン)の紹介です。私この人知らないのですが、Wikipediaで調べたら、Temptations(テンプテーションズ)のリードボーカルを担当された人でした。テンプテーションズは名前くらいは知っているのですが、何歌っていたか知りません。でもキートラックにひょっとするとあの曲じゃないかなというタイトルを見つけました。早速、キートラックを聴いて見ることにしましょう。ちなみにデビッド・ラフィンは、生まれは1941年で、1991年に既に亡くなられています。
 まず最初の曲は、『Ain't Too Proud To Beg』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=DxHMHrWJ2SE

久しぶりに口パクのミュージックビデオを紹介します。他にこの曲のビデオを見つけることができませんでした。
 2曲目は、『My Girl』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=6bsdGo8dEoY

やっぱりこの曲でした。有名な曲ですからね。
 3曲目は、『Walk Away From Love』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=QmneugiD7Ig

ソロになってからの曲です。如何にもモータウンといった曲調ですね。

 以下のボタンのいずれかをクリックすれば、同じ趣味をお持ちの方のブログも検索できます。
宜しければ、覗いて見て下さい。
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へ
にほんブログ村

この記事へのコメント