音楽ビデオの紹介 No.169

 こんばんは、Lookers-inです。今日は、ローリングストーン誌の選ぶ”100 Greatest Singers of All Time”(2008年版)の66位のThom Yorke(トム・ヨーク)の紹介です。また、私より若い人がでました。そして、私に一番馴染みのないオルタナティブ・ロックというジャンルのバンド”レディオヘッド”のボーカル担当の人です。もちろん出身はイギリスです。とにかく、キートラックを聴いて見ることにしましょう。
 まず最初の曲は、『Fake Plastic Trees』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=n5h0qHwNrHk

アコースティックギターがメインであること、メロディのシンプルさと相まってトム・ヨークの歌声が素朴に聴こえることで、オルタナティブロックと構えて聴かなくてもいいんじゃないかと思える歌ですね。ただ、曲のタイトル、映像から、かなりメッセージ性の強い歌のようです。訳してみないとわかりませんが。
 2曲目は、『Karma Police』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=IBH97ma9YiI

こんな感じの曲がオルタナティブロックバンドが歌う曲の特徴なのでしょうかね。ビートルズの『ホワイトアルバム』にこんな感じの曲ってありませんでしたっけ。
 3曲目は、『Everything in Its Right Place』です。

  https://www.youtube.com/watch?v=CDcpWmHMP7k

私達の世代では、前衛ロックとか、サイケデリックロックと言われていたものに近い気がします。私は、何か、時代の閉塞感を感じてしまいました。
 最後に埼玉スーパーアリーナでのライブバージョンを見つけたので紹介しておきます。

  https://www.youtube.com/watch?v=YtKI41uk58A

日本にも数多くの熱烈なファンがいることの判るビデオですね。また、このビデオはラテン系の人のもののようです。レディオヘッドは、ラテン系の人にも人気があるのでしょうね。

 以下のボタンのいずれかをクリックすれば、同じ趣味をお持ちの方のブログも検索できます。
宜しければ、覗いて見て下さい。
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へ
にほんブログ村

この記事へのコメント