熊本地震の収束度合 170105

 こんにちは、Lookers-inです。今日は今年最初の熊本地震の収束度合をレポートします。
気象庁から発表されるデータが1月4日、約1ヶ月ぶりに更新されました。それらを元にレポートします。
 従って今日は、
 http://www.jma.go.jp/jma/menu/h28_kumamoto_jishin_menu.html
下にある
 >地震活動の状況
  >最大震度別地震回数表(毎時更新):平成29年1月5日現在
  >内陸及び沿岸で発生した主な地震の地震回数比較(M3.5以上):2017年1月4日12時30分現在
を主なソースとして、分析します。

 時間帯      最大震度別回数     震度1以上を観測した回数
           1   2  3  4以上  回数  累計
 4/14~4/30     1722  859  323  120   3024  3024
 5/01~5/31     344  134   43   8    529   3553
 6/01~6/30     147  51  14   5    217   3770
 7/01~7/31      85  19   8   1   113   3883
 8/01~8/31      77  28   3   3   111   3994
 9/01~9/30      49  16   7   2    74   4068
 10/01~10/31     41  10   4   0    55   4123
 11/01~11/30     24  16   1   1    42   4165
 12/01~12/31     31  10   3   0    44   4209

 1/01 00時~24時    0   1   0   0     1   4210
 1/02 00時~24時    0   1   0   0     1   4211
 1/03 00時~24時    0   0   0   0     0   4211
 1/04 00時~24時    1   1   0   0     2   4213

 12月14日以降年末まで、18日連続して震度2以上の地震は発生しませんでした。これは地震発生から、初めての事です。今年に入り、残念ながらその記録も途切れてしまいました。まあ、年末だから、1つくらいは心配事を減らしてやろうかという神様の優しい思し召しだったのかもしれませんね。
 一方、内陸及び沿岸で発生した主な地震の地震回数比較グラフを見ると前回12月6日から今回1月4日の間に発生したM3.5以上の地震回数は、2回だけでした。それでも累積回数は、335回に達しました。何度も書きますが、過去の観測データに該当するものがない大地震だったのです。
 さらに、震央分布図を見るとだいぶ影は薄くなっているものの、今回の熊本地震の震源地より、少し南西へ下った辺りの地震活動が未だ活発である状況が見て取れます。少し気になるのが、活発な活動域が少しずつ、南西方向へ移動しているように見えることです。大きな地震発生の前兆でなければよいのですが。

 以下のボタンのいずれかをクリックすれば、同じ趣味をお持ちの方のブログも検索できます。
宜しければ、覗いて見て下さい。
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へ
にほんブログ村

この記事へのコメント