ライブを振り返って 16/12//02

 こんにちはは、Lookers-inです。今日は、昨日12月2日、終えたばかりのライブを振り返ることにします。

 トップバッターは、私でした。今回歌ったのは、

 1.時のはざまで歌う歌
 2.錆びついたゼンマイ仕掛け
 3.たった一言
 4.風のオーロラ
 5.This Lunatic Down
 6.みんな、そしてひとりのために

の6曲でした。1,2,3,6が今年書いた曲で、4,5がApia40さんのオーディションで歌った曲でした。新曲が間に合わなかったのは、少し物足りないのですが、
 1)Apia40さんでのライブが2年目(13回目)に突入したこと
 2)この1年を振り返ること
を考慮すると妥当な選曲だったと思います。よくやったなぁと思う反面、歌唱力、ギターテクニックともまだまだですし、曲も結局4曲しか書くことが出来ませんでした。来年へ向けての課題を再確認したライブだったように思います。久々に年の瀬、師走を感じてしまいました。
 2番目の方は、”中馬昇”さんでした。同じオーディションを受けた同期として、ご一緒するのを楽しみにしていました。フルアコースティックギターを手にジャズコードを駆使したオリジナル曲を歌われるのですが、譜面にすると#、♭、♮記号だらけになりそうなメロディラインを安定して歌われていました。今回ご一緒するするステージは、2回目になるのですが、ギター、歌とも見違えるほど上達されていて、正直驚きました。
 3番目の方は、”ヤマモトマサヤ”さんでした。私がオーディションに受かった時、Apiaマスターの伊東さんのお勧めのライブを聴きに来た時、トリで歌われたのが、ヤマモトマサヤさんでしたので、今回一緒のステージに立てることを楽しみにしていました。エレガッットギターとピアノの弾き語りで、優しい歌声で、様々なテーマの曲を歌われていました。多少寝不足気味ではあったのですが、その心地よい歌に思わず居眠りしてしまいました(笑)。すみませんでした。
 トリは、”Shanti Tetsu”さんでした。きれいに剃り上げられたスキンヘッド、裸足という独特な風貌、スタイルに最初に驚いたのですが、お話を聴いて、本当に驚いてしまいました。既に10数度インドへボランティアとして渡航されていて、あのマザーテレサさんと一緒に活動したこともあるとのことでした。来年また、インドに渡航されるとのことでした。ビールを飲みながら、独特の世界(生き方、信念など)を熱く歌われていました。

 今回のライブは、この一年のライブの中でも一番充実したライブだったように感じています。平均年齢も一番高かったような。その平均年齢を一番押し上げているのは私なのですが(笑)。メディアには、なかなか登場することはありませんが、こんなに素敵な歌を聴ける場所はそうそうないような気がします。メディアから流れる流行歌に飽きた方がいらしたら、是非Apia40に一度足をお運び下さい。素敵な歌に出会えるかもしれませんよ。

 以下のボタンのいずれかをクリックすれば、同じ趣味をお持ちの方のブログも検索できます。
宜しければ、覗いて見て下さい。
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へ
にほんブログ村

この記事へのコメント