音楽ビデオの紹介 No.81

 こんにちは、Lookers-inです。今日は、ジェイムス・テイラーとキャロル・キングの共演ライブを紹介します。1970年に制作されたライブです。昨日紹介したジョニ・ミッチェルとジェイムス・テイラーのライブと同じ年に制作されています。昨日紹介したライブは、ジョニ・ミッチェルが主で、ジェイムス・テイラーが従という感じだったのですが、このライブはジェイムス・テイラーが主でキャロル・キングが従といった感じです。

  https://www.youtube.com/watch?v=Epiu3C5d3sw

音はあまり良くないのですが、当時のジェイムス・テイラーのギターテクニックを知ることのできる貴重なライブ音源です。カルフォルニアのバークレーで行われたライブのようです。最初の曲がジョニ・ミッチェルの『For Free』というのが何だか・・・。セットリストがないので判る範囲でそれを紹介しておきます。
 1.For Free
 2.Carolina In My Mind
 3.この曲名は判らないのですが、お客さんに受けていますね。
   トラディショナル曲の替え歌かなんかでしょうか?
 4.Sweet Baby James
 5.Go On a Blues Away?(これはアルバムに収録されてない曲だと思うのですが)
 6.スタンダード曲のインストルメントアレンジです。
   当時の彼のギターテクニックが判る貴重な演奏です。
   有名な曲なのですが、何だったけなぁ。思い出せません。
 7.Blossom(この曲から、キャロル・キングがピアノで参加しています。)
 8.Up On The Roof
 9.Country Road
   ドラム:ラス・カンケル、ベース:リーランド・スクラーが参加します。
 10.Night owl
 11.この曲は何か判りません。多分アルバムには収録されていない曲ではないでしょうか。
 12.Long Ago And Far Away
 13.Riding On A Railroad
 14.Highway Song
 15.Fire And Rain
 16.You Can Close Your Eyes
この音源のタイトルは”James Taylor & Carole King - May 29, 1970 - Berkeley, Ca.”なのですが、結局キャロル・キングが歌ったのは、『Up On The Roof』だけでしたね。ピアノサポートが彼女の主な役割だったようです。
 このライブ音源に入っている曲は時期的に当然と言えば当然なのですが、彼のアルバム『Sweet Baby James』と『Mud Slide Slim And The Blue Horizon』から多く選曲されています。当時、私も含め音楽仲間の間でバイブル的に扱われた2枚のアルバムでした。

 以下のボタンのいずれかをクリックすれば、同じ趣味をお持ちの方のブログも検索できます。
宜しければ、覗いて見て下さい。
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へ
にほんブログ村


この記事へのコメント