ライブを振り返って 16/07/06

 こんにちは、Lookers-inです。今日は、昨日7月6日のライブを振り返ることにします。

 トップバッターは、私でした。今回歌ったのは、
 1.This Lunatic Down
 2.風のオーロラ
 3.時のはざまで歌う歌
 4.懐かしき我がアトリエ
 5.たった一言
 6.みんな、そしてひとりのために
の6曲でした。ライブ予告では、5曲だったのですが、今回割と短い曲を多く選択していましたので、急きょ『風のオーロラ』を追加しました。それでほぼ30分に合わせることが出来ました。5曲だったら、不得意なMCを長々と話さなければなりませんでした(笑)。
 2番目の方は、有坂智史さんでした。長野から来られていました。お話しから推察すると学生時代を東京で過ごされたようです。日常を切り取った歌詞をジャズコードを多用したメロディに載せた独特の歌世界を持った方でした。私に対して、「ニール・ヤングのカッテイングを彷彿とさせますね。後半の曲がいいですね。」などと言ってくれました。ありがたい事です。有坂さんは、youtubeに数多くのビデオをアップされています。長野の自然を背景にしたビデオが多かったです。興味のある方は、是非ご覧になって下さい。”有坂智史”で検索できます。
 3番目の方は、バーナード・オオタさんでした。米国の方で、全て英語のオリジナル曲でした。オープン・チューニングを多用されていました。歌詞の内容は判りませんが、彼の問題意識を歌にされているように思われました。最後に歌われた『All Over Again』は、歌う前のMCで「米国は、もう一度最初からやり直す必要がある。」というのが歌のテーマであると語られていました。タイトル『All Over Again』が妙に気になりました。壮大なテーマだからでしょうか。
 トリは、菅原洋平さんでした。ギターテクニックは、憂歌団の内田貫太郎さんを、歌は、同じく木村充揮さん、亡くなられた西岡恭蔵さんを足して2で割ったような独特の歌いっぷりでした。それを一人で弾き語りでやられる訳ですから、凄いの一言ですね。菅原さんも、youtubeに多くのオリジナルをアップされていますから、興味をお持ちの方は是非聴いて見て下さい。”菅原洋平”で検索できます。

 以下のボタンのいずれかをクリックすれば、同じ趣味をお持ちの方のブログも検索できます。
宜しければ、覗いて見て下さい。
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へ
にほんブログ村


この記事へのコメント

  • 有坂智史

    lookers-inさん

    文章を書いて下さり有り難う御座います。
    私はlookers-inさんの心意気に力を戴きたした。
    またいつか御一緒をしましょう。

    有坂智史
    2016年12月14日 22:56
  • Lookers-in

     ご無沙汰しています。コメントへの返信遅れまして申し訳ありませんでした。こちらこそ、また、ご一緒する日を楽しみにしています。
     最近、youtubeへ、Apia40のライブ動画をアップしました。”lookers-in”で検索できるはずです。宜しければ覗いて見て下さい。

    >有坂智史さん
    >
    >lookers-inさん
    >
    >文章を書いて下さり有り難う御座います。
    >私はlookers-inさんの心意気に力を戴きたした。
    >またいつか御一緒をしましょう。
    >
    >有坂智史
    2016年12月17日 06:58