音楽ビデオの紹介 No.5

 こんにちは、Lookers-inです。今日は昨日に引き続き音楽ビデオを紹介します。それも私の大好きなBonnie Raittのです。彼女が現在、日本でどの程度の知名度なのかは判りません。しかし、いぶし銀的な存在かもしれませんが、米国では音楽ファンの中に知らない人はいないんじゃないでしょうか。シンガーソングライターとして、スライドギターの名手として、バックボーカル(デュェットに近い)として、もちろんシンガーとしても様々なところに顔を出しています。そうそうMusicares person of the yearの1992年度の受賞者でもあります。
 昨日紹介したHeartの『Stairway to Heaven』と同じ舞台でBuddy Guyのお箱『Sweet Home Chicago』(Eric Claptonもよく歌っています)をメインボーカルとして歌っています(実はそれを追っかけていて昨日の『Stairway to Heaven』を見つけたのですけどね)。白人女性でブルースを歌わせたら、彼女の右に出る人はいないんじゃないですかね。これも是非聴いてほしいのですが、バックボーカルとして是非聴いてほしい2曲を紹介します。
 Jackson Browne & Bonnie Raittで表記されている『 World in Motion』(少し古いですがいい曲です)とBoz Scaggsの今年発売されたアルバム『A Fool To Care』に収録されている『Hell To Pay』です。この曲ではスライドギターも弾いています。彼女の面目躍如といったところですね。
 ブルースを上手く歌えるようになりたいとずっと思ってきた私には、憧れの存在ですね。どうしたらあんなに自然にブルースが歌えるようになるんでしょうかね。
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へ
にほんブログ村

この記事へのコメント